Important重要なお知らせ

コロナ感染後遺症の漢方治療

コロナ感染での後遺症の漢方薬治療を開始しております。

コロナ感染症としては感染の危険がない状況での後遺症ですので、普通に診察・治療をしております。但しコロナ後遺症を発症させている臓器の鬱血がどこにあるのかを確認することは直接に診察する他ありません。そのためパソコンでの診察では…やりたくても出来ません。

コロナ感染後の後遺症には漢方治療が有効な治療法の一つであると考えております。それは漢方治療には風邪にも病期があり、陽病では太陽病・少陽病・陽明病に分けられております。コロナ感染後遺症の場合、その病態が完全に治癒しているのではなく、コロナ感染を通して身体に熱が残っていることから引き起こされる症状が後遺症であると推測ことができます。この様な病態は一般の風邪でも認められます。

具体的には、コロナ感染により肝臓や脾臓などの実質臓器の充血、また管腔臓器である腸の実熱が認められるケースが多く、この病態により倦怠感・微熱・頭痛・息苦しさ・嗅覚障害や味覚障害・咳痰などの症状が出てくると考えられます。実際に、漢方的に診察すると風邪の少陽病期や陽明病の症状が多く完治していないことを確認しています。この様な病態の治療には漢方治療が適していると思われます。一方でコロナ後遺症の特効薬として補剤である補中益気湯や十全大補湯など並べ説明している方もおりますが…高齢者を除いて補剤(補剤というのは殆ど処方内容に人参が入っており臓器の充血を取る薬草が入っていません)の適応はないと断言できます。少陽熱や陽明熱がある以上…症状は悪化します。

実際の患者さんの身体を診ていくということを繰り返し試行錯誤を通して、コロナ感染後の漢方治療を積極的に行っております。コロナ感染での後遺症にお困りの方は、一般的な診察時間にいらしてください。それぞれの症状に合わせて、一般薬と漢方薬の併用治療や、漢方薬単体での治療をして行きます。

■ 現在、以下のページを作成しコロナ後遺症の説明を行っています。
コロナ感染後遺症」「後遺症症例」「コロナ後遺症発症概略
:患者さん向けの一般的な説明です。発症概略は2022/08/28追加しました。
コロナ後遺症の病態」「コロナ肺炎理論的解析」「免疫への視点
:医療関係者の向け。
マスメディアに方に」:マスメディアの方への説明です。
For foreigner MD」:I have uploaded the Long Covid-19 English explanation analyzed by Japanese herbal medicine. Please read and check the view points.
コロナ後遺症の症状と視点」:コロナ後遺症と身体の状態に付いての説明
身体の空間安定性」:医療研究者向け説明:身体は時空間に生存しており時空間バランスに依存しています。陰陽はその力(時空間の場)を利用して出来た理論です。この現象を理解することが病気全体へのアプローチとなります。この先「場の医学」を作り上げることが、今後の医学に取って大切な方向性になるに他なりません。
コロナ後遺症と漢方治療」:コロナ後遺症に対しての漢方処方の説明
「補剤の効能」:補中益気湯麦門冬湯などの補剤の投与の危険性について

■ 現状のオミクロン株に関しては後遺症は少ないと推測されます。
    一般の方には少し難解ですがを現状を理解したい方は以下のブログの記事をお読みになって下さい。
  「東京のオミクロン株流行について

■ またブログでもコロナ感染後遺症治療について随時報告して行きます。
2022/08/11:「日本のコロナ感染温度が均一になろうとしている
2022/08/07:「コロナ…今の状況
2022/07/20:「コロナ後遺症が分からない理由…とは
2022/01/09:「東京のオミクロン株流行について
2021/04/18:「コロナ感染後遺症の治療
2021/02/25:「コロナ感染後遺症の視点

■ 更新状況:このサイトでのコロナ後遺症の症状と治療の詳しい説明
2021/10/10 「コロナ後遺症の症状と視点」をアップロード
2021/10/20 「身体の空間安定性」をアップロード
2021/10/20 「コロナ後遺症と漢方治療」をアップロード
2022/09/28 「補中益気湯と誤治」をアップロード

■ 漢方治療の考え方:以前コラム雑誌に書いていたことがありますが完成していません。仕事との両立が難しくいったん止めました。漢方医学でも特に傷寒論は現代の人でも分かりやすく残す必要がある重要な医学書です。その上に現代の理論物理や理論数学での病気解析が可能ですので…その説明をしていく予定です。

ご不明な点がありましたらサイトの問い合わせにてご確認ください。

すぎ内科クリニック
TEL:03-5819-8820

重要なお知らせ 一覧へ
ページの先頭へ