NewSightForDisease病気への視点

病気への視点と考え方

私の世の中のイメージ:単純性の中の複雑

世の中は単純  30年前に自分が描いた抽象画です。抽象画というのは単純な線で…その絵に大きな意味を持たせることです。単純の中に真意を見つける視点が大切だと感じています。

 ピカソも抽象画の巨匠ですが写実画が非常に上手です。この技量が素敵な抽象がを描いているのだと感じます。

 キースへリングは単純な線に彼の世の中への視点を入れていて、とても好きが画家です。それを真似て自分が書いた抽象画です。


東洋医学の病気への基本哲学

病気は人を苦しませたり死に至らしめるとの考えより病気を敵視して現代医学が構築されています。一方で東洋医学は病気の発症の必然性を理解しようとして成り立っています。ここが大切な視点です。

一般的に有名なアインシュタインは「神はサイコロを振らない:全てが必然性の上に成り立っている」視点を基盤に置き相対性理論を作りました。別の言葉で言えば、相対性理論は「陰陽観」が基盤ですので…非常に東洋的な哲学感になります。

現代医学は今をもってしても自然克服主義の「遺伝子技術」に傾倒しています。現代医学に取って病気の必然性などは捉えることはなく、病気に必要性がないのならば取ってしまうことを基盤にしています。「免疫抑制剤」などは…この様な観点から生み出された治療薬です。

一方の東洋医学は「傷寒論」で確認出来る様に病気を敵視する考えは基本的にありません。この様に文明の哲学感により病気への視点や治療方法は自ずとから変わって来ます。現代医学主導下の今では、東洋医学的観点の長所を融合させることが大切に感じます。東洋哲学が教える「病気の必然性を見つけること」が診断になり、「病気の必然性を消すこと」が治療になることに他ならないと感じています。

ーーーーー

今はページを構築中です。
基本的なページを作り、病気への把握の考え方を記述していく予定です。

もう暫く…お待ちください。

これから先、先人の貴重な哲学感、精神を含めた身体の構成や病気への視点と考え方をアップロードしていきます。

ページの先頭へ