Important重要なお知らせ

更年期障害の漢方治療

更年期障害で苦しんでいる方って以外に多い様に思います。
このクリニックサイトを検索してくる方に「更年期障害や下腹部の張り感」が多い状態です。実はこの記事を作ろうと思った切欠は、大学病院に受診していた患者さんの涙でした。私の気持ちはやるせない想いで一杯で「やはり誰でも分かる様に説明しなくてはいけないのか?」と思わざるを得ませんでした。研究サイトを作る前に「基礎的なことは早く伝えること」を求められていると感じました。

自分の考える更年期障害の発病方法や治療の部分で「病気への重要な視点」が隠されていることから、それを記事に入れ説明して行きます。この2週間ばかり、この気持ちだけで診療を終えて少しでも時間があればサイトページを作成して来ました。10ページばかり書きましたので公開することにします。漢方処方や理論背景の追加と更新は必要に応じて行っていきます。当院は婦人科ではありませんので漢方治療は行いますが検診は婦人科への受診をお願いいたします。私が診察をして感じたことは、診察時に…そのままお話します。

更年期障害

1. 更年期障害の概略

2.更年期障害:骨盤の特異性

3.更年期障害:骨盤の特異性(一般向け)

4.更年期障害;骨盤の特異性(専門家向け)

5.更年期障害の症状と視点

6.当帰芍薬散の解析(更年期)

7.加味逍遙散の解析

8.桂枝茯苓丸の解析

9.桃核承気湯の解析

10.通導散の解析

本当はより詳しく書きたいと思いましたが、この10ページの作成で2週間の時間がかかっててしまいました。今後はコロナ後遺症と同じように必要に応じて更年期障害の記事を加えて行きたいと思います。まずは記事の強化をすべく臓器連携の重要性を話してみます。記事に関しては読み直しながら変更していきます。とりあえず14ページを作りました。

11.症状出現臓器と症状基盤臓器

12.リウマチと骨盤

13.当帰剤への視点

14.駆血剤への視点

2024/07/17更新
2024/07/14更新
2024/07/11更新

重要なお知らせ 一覧へ
ページの先頭へ