Case症例

にきび

にきびは、毛根の皮脂での感染が原因とされます。でも、細菌の繁殖を許す皮膚環境を作り出すのは、身体の持っている皮膚の状況です。

実験室で細菌が繁殖するのには培養地が必要です。つまり皮膚が培養地の様な環境を有しない限りにきびは起きないと逆に推測することが出来ます。皮膚を培養地にしない治療が必要ではないか?と考えざるを得ないのです。

にきびの概念

ニキビは、毛穴(毛包)がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことでできる。従って、皮脂が多く分泌される部位にできやすい。ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まる。詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質(死んだ細胞)がたまり、この状態が黒ニキビ(毛穴が開いて中身が見えている状態)または白ニキビ(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるものである。(wikipekiaより)

にきびの一般的治療とは?

  1. 抗酸化物質の塗布
  2. アクネ菌の殺菌
  3. 厚くなった角質を正常化させる
  4. 皮脂分泌の正常化 などを基本とします。

現在日本では、一般的に皮膚科で処方されるニキビ治療には外用の局所抗菌剤として、クリンダマイシン、ナジフロキサシンの2種類のほか、過酸化ベンゾイルや抗炎症剤が使われている。外用の抗菌薬が効かない場合、毛穴の詰まりを取る効果のあるトレチノインなどを使うが、トレチノインは日光に対し過敏になる作用があり慎重な処方が行われる必要がある。2008年7月にアダパレン(商品名ディフェリン)が日本で認可された。処方なしで入手できる物として、サリチル酸やレゾルシノール、硫黄を含んだクリーム状の薬(軟膏)で、これらは吹き出ものを乾かす効果があるが、若干のかさつきが生じる場合がある。重症なにきびでは、ミノサイクリン、テトラサイクリン、エリスロマイシンなどの経口用抗生物質が使用される場合もあるが、長期服用が必要で重い副作用を引き起こす場合がある。(wikipekiaより)

にきび治療への新しい方向性

さて、今のにきび治療に対して考えるべき大切な問題がいくつかあります。

問題点1:なぜ顔面皮膚が細菌感染の培地にならなくてはならないのか?

皮膚表面には、どこでも雑菌がいるのに顔の皮膚を細菌の培地化させる原因はどこにあるのか?

問題点2:なぜ、女性の場合には生理前に悪化しやすいのか?

このことに着目してホルモン治療(ピルなど)の利用をしている医療もありますが、にきびが出ない女性との違いはどこにあるのか?といえばこのホルモンへの視点だけでは疑問が解けない様にも感じます。

にきびの推測されるのメカニズム

1. にきびでは、なぜ顔面皮膚が培地になるのか?という疑問に対して

やはり皮膚と内臓の関係とは、噴火口とマグマの関係なのでは?

噴火口とマグマとの関係

噴火口はマグマの出口ですが、マグマが押し上がってこなければ、噴火はしません。

マグマが貯まることと、噴火口からの噴出を分けて考えると「内臓が鬱血すること=マグマが貯まること」、「皮膚ににきびが出ること=噴火口からの噴火」こんな関係に例えることができると思われます。

原因の臓器と症状を出す臓器とは異なる、と言い換えることも出来ます。ニキビでも全身病の一つだと考えられるのです。このことからすれば、噴火口である皮膚だけを治療していても、マグマがせり上がってくればニキビが消えることはありません。

2. にぎびの根本原因は?という疑問にたいして

身体がにきびに対してのメリットがあるのでは?

にきびのメリットとは、顔面に鬱血している熱を放散しているというメリットがある様です。

同じ様な身体の状況の方がいますが、それでも症状は千差万別です。ある人は目眩や耳鳴りがおきます。ある人は赤ら顔になります。それは、「身体の一部に貯蓄された余分な熱を少しでも身体の外に出したい」そんな身体の欲求があり起こしている症状に他なりません。顔の皮膚を細菌の培地にしてニキビという症状を出しても「熱を外に出したい!」という身体の欲求に他なりません。

その様なことからすれば、抗生剤の投与は飲んでいる間は症状はなくなるかも知れません。一方で、抗生剤を切れば再発する恐れは充分あるということになります。

にきびと生理との関係について

生理は下腹部の鬱血と虚血を繰り返す現象です。生理前に酷くなるということは、下腹部の鬱血によって熱せられている臓器があるということに他なりません。特に生理に関係するニキビは口唇下の顎の部分に現れます。

にきびの場合には、脾臓に鬱血が見られることが殆どで、その脾臓の鬱血が生理前の下腹部の充血に伴い、より脾臓が充血をすることでニキビを悪化させている様なのです。これに加えて生理前の下腹部の充血により口唇下のニキビは増えることが多い様です。このことからすれば、ピルで生理を止めることも治療には一理あるものの、果たしてこれだけで良いものなのか?という疑問は残ります。一般的な漢方治療としては清上防風湯や桂枝茯苓丸などがありますが、人間の身体は個人差が強く、実際に診察をしないと分からないのが実情です。

にきびのまとめ

そんな考えの元、内臓の充血を取る治療をして行けば皮膚だけに着目して治療するよりも、治療の成果は全くと言って良いほど違ってきます。そんな根本治療と適切なスキンケアをすればニキビは治っていく病態だと考えています。

Check the case気になる症例をチェック

ページの先頭へ