Enpishin円皮鍼治療

漢方治療と円皮鍼治療を使った治療について

鍼灸治療は保険適用外ですのでクリニックでは鍼治療が出来ませんでしたが、今後は積極的に漢方治療に円皮鍼治療を併用しながらの治療を進めて行きたいと思います。(残念ですが鍼灸院ではありませんので円皮鍼治療だけの診療は出来ません)

さて…今でも保険では鍼治療が認められていないことに関して、自分の実感としては「鍼治療をやりたいが出来ない」という状態が続いていました。

ただ…イレウスの患者さんに円皮鍼を使った治療で考えることは、イレウスだけでなく多くの病気には鍼治療が有効な手段である治療です。漢方治療に加えて円皮鍼治療で治療すれば効果は歴然だと思います。


当院に受診され診療内で使う鍼治療は保険で認められていないため無償とする他ありませんが、円皮鍼治療では2~3日に1度に円皮鍼を交換すれば良いため、円皮鍼治療では最低2~3週に1度の診察をすることが安全です。それは円皮鍼を置く場所が気の停滞部位になり、その場所が変化するからに他なりません。円皮鍼を置く場所をお教えすれば、あとは自宅で使う円皮鍼に関しては当院受付にて購入して頂けたら鍼治療が可能になります。

患者さんご自身が体表面の気の流れが分かれば良いのですが、患者さんには気の流れが分かる方は…ほぼいらっしゃいません。このため2~3週間に一度の診療をする一方で、円皮鍼が必要な身体の場所をお教えしますので、後は自宅でご家族の方に円皮鍼を貼って頂けたらと思います。

使用する円皮鍼に関しては色々な種類がありますが、当院でも患者さんが購入できる危なくない円皮鍼をストックを置いておきますので受付にて購入して頂けたら円皮針治療が可能になります。円皮鍼治療の購入で当院への差益を得ることは考えておりません。

円皮針治療は一般の鍼治療と比べて皮膚に挿入する長さが違うため、効力が少ないと思う方もいるかも知れませんが、自分での感想を言えば…一般の鍼治療は深く刺す分だけ短時間で済みますが、円皮針は長時間刺しているので最終的な効果は変わりません。

現在はクリニックでの漢方治療と鍼治療の併用治療に関しては準備段階ですが、スタッフとの話し合いの上で鍼治療を当院でも出来る様にして行きたいと思います。なお準備が整い次第…このページで開始する旨を発表致します。いま暫くのお時間を頂ければと思っています。

 

ページの先頭へ