Important重要なお知らせ

漢方治療ご希望の患者さんに

■ 問診票記入へのお願い
漢方治療は全身を診て治療をしていく治療になります。 一般医療の様に、症状がある場所だけの治療ではありません。 このため漢方治療をご希望になる患者さんには 以下の問診料を持参して頂き、ご記入をして頂けると 分からない部分も明確になり、出来るだけ正確な漢方治療が出来ます。 このため問診票のご記入をしてからのご来院をお願いいたします。 漢方治療は全身を見つめて治療をする治療です。 このことへのご理解を宜しくお願いいたします。

■ 漢方煎じ薬投与では予約を
なお漢方煎じ薬治療をご希望の患者様には電話にて予約して頂き予約診察料の2000円を頂いています。煎じ薬も保険適用の薬草を使い 院内で調合してお渡し致します。単に料金面から見ると院内処方の煎じ薬治療は保険適用となり、薬局での煎じ薬処方よりも…かなり医療費の負担を軽く出来るメリットもあります。煎じ薬治療においての利益は一般的な受診と同じで予約診察料金での利益を得ることは考えていません。漢方煎じ薬の効能を知って頂きたいと願っています。

■ 「完全に治したいとのご希望の患者さん」へのお願い
漢方医療の経験を出来うる限り駆使して治療に当たりますが、普通の生活が出来る様になる一方で症状が残り完全には治癒しないこともあります。これは一般医療でも同じですが、一般医療でも治らない治療に対し漢方治療をしている現状をご理解頂き、症状が軽くなることも多い反面…完全に症状が消えない場合もあることへのご理解をお願いいたします。最終的には生活が病気を作り出していることが多く、生活改善をしながら健康な身体を取り戻すことが必要となるケースが多く「患者さんご本人の生活改善」が必要となることをお話しすることも多くなっています。

■ 「この漢方薬が欲しいという患者さん」へのお願い
保険医療は医師の診断の元、治療することが許されています。「診察で必要ない」と考えれる漢方薬は処方致しませんが、「診察にて必要」と考えられる場合には処方いたします。漢方治療をしておりますが当院は保険適応を許可された医院であり、患者さんご本人の意思で漢方薬を処方することは許されておりません。薬局ではないことへのご理解をお願いいたします。

■ 「心療内科的な症状の患者さん」へのお願い
当院は内科クリニックですので心療内科的な症状が我慢出来ない患者さんの場合は漢方治療をお断りすることがあります。コロナ流行により精神が不安定な方が多くなっています。漢方内科と言っても内科クリニックでは心療内科的なカウンセリングや一般的な投薬治療が出来ません。基本的に精神的に不安定な方は心療内科に受診をお願い致します。

■ 「不妊治療希望の患者さん」へのお願い
漢方不妊治療をしていると…ご夫婦の関係が重要な要素をしていると感じます。妊娠は卵子と精子が結合し子宮に着床するということではありません。もし…それが正しいのならば、体外受精でも精子と卵子が結合した細胞を子宮内に入れれば妊娠する筈です。これは病気への十分条件を満たしている治療をしている反面、病気への必要条件を顧みていないからです。この様な物的視点での妊活治療だけを肯定し、ご自分達の夫婦関係を顧みていないご夫婦の治療は漢方を使っても無理だと思われます。詳しくは、こちらのブログに記事を作りましたので…お読みになって下さい。ご理解が出来る方の漢方不妊治療はお受け致します。

■ 「漢方治療への視点や思い」
当院は漢方治療をしておりますが…それには医師として仕事をしてきた部分だけでなく、病弱であったことが漢方治療をしていく大きな原動力となっております。このため「自分と漢方」という話を追記します。

■ 漢方薬に関した治療や病気の視点を説明しています。

1)漢方・薬草を使った治療  2)漢方から見た病気

※ まとめ
ご自分に眼を向けないで医療に頼る方は「生活が一番、治療は二番」という本来の治療の順番が間違っています。以上のことをご理解の上、漢方治療を受け入れられる方の漢方治療をされる方の受診を希望をしております。ご理解を宜しくお願い致します。


問診票の記入に
ご協力をお願いします

一般的内科治療と比較し、漢方治療をする場合には全身を見つめる必要があるため、一般医療では質問しない様なたくさんの項目があります。そのため、来院されるまでに、問診票にご記入いただき、当院までFAXをして頂けるか、受診当日に持参して頂けますようご協力をお願いいたします。病気は症状がある場所とは別の所にあることが多いものです。それを出来るだけ早く知るための手段として問診票のご記入が大切になります。ご理解を頂ければ幸いです。

重要なお知らせ 一覧へ
ページの先頭へ